高校定員、57人削減案を提示 県教育庁、生徒数減少踏まえ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田県教育庁は18日、2022年度の県立高校(全日制)の入学定員を21年度に比べ57人減らす案を示した。定員は6716人となる。具体的な学校、学科は月内に公表する。定時制は削減しない。同日に秋田市で開かれた県公私立高校協議会で説明した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 571 文字 / 残り 452 文字)

秋田の最新ニュース