こうじ発酵飲料とVRコンテンツが優秀賞 秋田銀ビジネスコン

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

新しい事業を発表したビジネスコンテスト
新しい事業を発表したビジネスコンテスト

 秋田銀行主催のビジネスコンテストの最終審査会が19日、秋田市のイヤタカで開かれ、優秀賞に大仙市の「エス」が取り組むこうじ発酵飲料の企画開発・販売事業と、大館市の「スリー」が提供する仮想現実(VR)コンテンツのサービスが選ばれた。

 起業の機運を醸成するのが狙い。2017年度に始まり、今回で4回目。今回は33件の応募から、書類選考を通過した6事業者が最終審査会に進んだ。県内の経営者らが新規性や成長性、実現性、新型コロナウイルス下での持続可能性、本県経済への貢献度を審査した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 688 文字 / 残り 450 文字)

秋田の最新ニュース