プロ野球開幕間近(13)DeNA・進藤拓也投手

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 DeNAの進藤拓也は昨シーズン途中、右肘のクリーニング手術に踏み切った。「気になる部分もなくなり、思い切りプレーできている」と順調な回復ぶりを口にする。今月中にも対外試合に登板する予定で、強度を上げた投球練習に励んでいる。

キャッチボールで調整する進藤=(C)YDB

 昨年11月の手術から2カ月ノースローの期間を過ごした。ボールを握れないもどかしさが募り「野球ができることは当たり前じゃないと気付いた。一日一日、後悔しないように取り組むようになった」と言う。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 776 文字 / 残り 568 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース