五輪パラ、海外観客受け入れ断念 5者協議で正式決定

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
5者協議でIOCのバッハ会長(奥)の呼び掛けに応じる、東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=20日午後、東京都中央区(代表撮影)
5者協議でIOCのバッハ会長(奥)の呼び掛けに応じる、東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=20日午後、東京都中央区(代表撮影)

 東京五輪・パラリンピックで海外からの一般観客受け入れを断念することが20日、正式に決まった。大会組織委員会、政府、東京都、国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)の代表がオンラインで開いた5者協議で合意した。新型コロナウイルスは変異株の出現などで厳しい感染状況が続き、国民の不安も強いことを踏まえた。海外在住者が購入したチケットは払い戻す。

 新型コロナで史上初の延期となった大会は、異例の方式での開催となる。組織委の武藤敏郎事務総長は記者会見で、海外で販売されたチケットは五輪が約60万枚、パラが約3万枚の計63万枚と明らかにした。