子育て、飲食支援に2兆円超 コロナ対策予備費、閣議決定へ

お気に入りに登録

 政府は22日、新型コロナウイルス禍で生活に困窮する子育て世帯に子ども1人当たり5万円を配る給付金や、飲食店などの経済支援策に2020年度の予備費2兆1692億円を支出する方針を固めた。23日に閣議決定する。残り約2兆7千億円だった新型コロナ対策の予備費は、ほぼ使い切る形となる。

 子育て世帯の給付金には2175億円を充当。政府はこれまで2回、ひとり親に限って給付してきたが、今回は両親のいる世帯にも対象を広げる。営業時間の短縮要請に応じた飲食店に協力金を支払うため、地方創生臨時交付金に1兆5403億円を追加する。