候補者の見極め方は? 元秋田大准教授・島澤諭氏に聞く

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 知事選は4月4日の投開票に向けて舌戦が展開されている。「投票先をどう選んだらいいか分からない」「投票の意義を見いだせない」―。そんな有権者の疑問を、元秋田大准教授で中部圏社会経済研究所(名古屋市)の島澤諭研究部長=政治経済学=にぶつけてみた。


 ―投票先を選ぶ際、どんな基準が考えられますか。

 「今風に言えば、アイドルグループの推しメン(一押しのメンバー)探しと似ています。メンバーの情報を集めて比較し、主観的な評価を含めて自分の好みに合ったメンバーを推していきます。選挙での投票も自分の主義主張に近いかという評価に、人柄や見た目といった主観評価を加えて選んだらどうでしょう」

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1961 文字 / 残り 1673 文字)

秋田の最新ニュース