北秋田の畑にサルの集団40匹 えさ求め集落へ?【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 23日午前10時ごろ、北秋田市綴子字合地の畑にサル約40匹がいるのを近所の男性が目撃した。午後4時ごろにも数匹が再び出没した。被害はなかった。

 目撃した農業小笠原昌さん(45)=同市綴子=によると、同日午前、農作業小屋から外に出ると、サルがビニールハウスの骨組みや木に上ったり、畑を歩いたりしていた。夕方にも自宅近くの林や畑に出没。南西の林の中に姿を消した。体長は50センチほどだった。

 小笠原さんが住む合地集落の北にある大畑集落では、春彼岸で墓に供えられた食べ物を狙い、サルが出没していたという。「近くでこれほどたくさんのサルを見るのは初めてで動揺した。これからの農作業に影響がないか心配」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 580 文字 / 残り 278 文字)

秋田の最新ニュース