銅製経筒4点お目見え、湯沢市 里帰り展示、28日まで

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
経筒を見る市民
経筒を見る市民

 秋田県湯沢市松岡の松岡経塚遺跡(市指定史跡)で1954年に出土した平安末期から鎌倉初期の銅製経筒(きょうづつ)の展示が23日、湯沢文化会館で始まった。所蔵する京都国立博物館(京博)から67年ぶりの里帰り。28日まで。湯沢市教育委員会の主催。

 経筒は経典の入れ物。松岡経塚遺跡からは直径約10センチ、高さ約30センチのものが5点出土し、今回は状態のいい4点を展示している。松岡地区の鐙田遺跡から出土した土偶など市所有の歴史資料も並んでいる。午前9時~午後5時、入場無料。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 460 文字 / 残り 225 文字)

イベントニュース