バレー女子、江畑選手が引退 ロンドン五輪で銅、秋田市出身

会員向け記事
お気に入りに登録

ロンドン五輪で銅メダルに輝き、メダルを手に笑顔を見せる江畑選手(後列右)。左は真鍋監督


 バレーボールの2012年ロンドン五輪銅メダリストで、Vリーグ女子1部・PFUのアタッカー江畑幸子選手(31)が25日、現役引退を発表した。近年はけがに苦しみ、出場機会が減っていた。

 「ここ数年はなかなか思うようなプレーができなかったが、バレーボールが好きという気持ちは全く変わっていない。仲間や指導してくださったスタッフ、ファンの方々に、本当に感謝の気持ちでいっぱい」と話した。29日にチームがある石川県かほく市で記者会見を開く。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 616 文字 / 残り 400 文字)

秋田の最新ニュース