心込めた手作り酒器いかが? 天王みどり学園生徒が商品化

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県潟上市飯田川の小玉醸造の売店「蔵ショップ KooLab(クラブ)」で、県立支援学校・天王みどり学園(同市天王)の生徒が制作した秋田杉の升と陶器のぐい飲みの販売を始めた。高等部のキャリア教育の一環で、生徒が同社の助言指導を受けながら商品化した。

 高等部の1~3年生が働くための基本的態度などを学ぶ「作業学習」の中で制作。木工班に所属する生徒が升を、陶芸班の生徒がぐい飲みをそれぞれ担当している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 606 文字 / 残り 406 文字)

秋田の最新ニュース