秋田県立大出身の小舘さんが杜氏に 記念の酒は「髭・眼鏡・坊主」

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
純米吟醸酒「髭・眼鏡・坊主」を持つ小舘さん
純米吟醸酒「髭・眼鏡・坊主」を持つ小舘さん

 「秋田晴」や「酔楽天」を醸造する秋田酒造(秋田市新屋元町)の新しい杜氏(とじ)に、県立大出身で杜氏補佐だった小舘巌(げん)さん(37)が就いた。同社によると、県立大出身者が県内酒蔵で杜氏になるのは初めて。「酵母の力を信じた自然な酒造りを目指す」と小舘さん。自身で仕込んだ純米吟醸酒「髭(ひげ)・眼鏡(めがね)・坊主(ぼうず)」が、新杜氏就任記念として4月上旬に発売される。

 鹿角市出身。県立大生物資源科学部を卒業後、2006年に秋田酒造に入社した。16年に山内杜氏組合の杜氏試験に合格。杜氏を1995年から務めていた加藤貢さん(65)が20日で定年退職となり、引き継いだ。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 676 文字 / 残り 389 文字)

秋田の最新ニュース