酸っぱ~いリンゴ使い目が覚める爽快感、横手の業者が発泡酒

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
酸味の強い加工用リンゴで造った発泡酒
酸味の強い加工用リンゴで造った発泡酒

 秋田県横手市十文字町のゲストハウス兼飲食店「カモシバ」(阿部円香オーナー)は、新型コロナウイルスや大雪で被害を受けた市内農家が栽培した加工用リンゴを使った発泡酒「Wake me Ap!」(ウェーク・ミー・アップ)を発売した。

 酸味が強い「紅の夢」「ジェネバ」「ドルゴ」の3品種を使用。醸造は羽後麦酒(羽後町)に委託した。商品はリンゴの酸味を生かし、シャキッと目がさえるような爽快感があることから、「Wake me up」(私を目覚めさせて)と「Apple」(リンゴ)を掛け合わせて商品名にした。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 700 文字 / 残り 452 文字)

秋田の最新ニュース