佐竹氏先行、村岡氏追う 情勢調査、山本・相場氏伸び悩む

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田魁新報社は26~28日、4月4日投開票の知事選について電話世論調査を行い、取材を加味して情勢を探った。4選を目指す現職の佐竹敬久候補(73)=無所属=が先行し、元衆院議員の新人村岡敏英候補(60)=無所属=が追う展開。県美容生活衛生同業組合前理事長の新人山本久博候補(69)=無所属=と、新日本婦人の会県本部前事務局長の新人相場未来子候補(50)=無所属=は伸び悩んでいる。ただ、2割強は投票先を決めておらず、情勢は変わる可能性がある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 692 文字 / 残り 471 文字)

秋田の最新ニュース