ワクチン接種20%止まり 医療従事者向け開始から1カ月

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ワクチンの先行接種を受ける医療従事者=2月19日、JCHO秋田病院(代表撮影)
ワクチンの先行接種を受ける医療従事者=2月19日、JCHO秋田病院(代表撮影)

 医療従事者向けの新型コロナウイルスワクチン接種が秋田県内で始まり、1カ月が経過した。対象の医師や看護師ら約3万7千人のうち、1回目の接種を終えたのは7267人(26日現在)で全体の約20%にとどまっている。4月中旬以降は高齢者向け接種と並行して行われることになり、医療関係者からは「未接種の医師らに高齢者への接種をさせるわけにはいかない」といった不満が出ている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 965 文字 / 残り 783 文字)

秋田の最新ニュース