駅前から手形方向直進できます 千秋久保田町線が対面通行に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 JR秋田駅前の秋田市道・千秋久保田町線の車道拡幅工事が終わり、29日午前6時に一方通行から対面通行に変わった。

 千秋久保田町線は駅西口のバスターミナル付近から北に350メートル延び、市道・千秋山崎線につながる道路。対面通行化に伴い、駅西口側から手形方向へ直進できるようになる。手形方向から駅西口側方向に進んだ場合、これまで右折しかできなかったが、直進も可能となる。2021年度は車道の両側に各約4メートルの歩道を整備する。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 449 文字 / 残り 237 文字)

秋田の最新ニュース