県総合サッカー、猿田興業が天皇杯へ ノース大を退け2連覇

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
【猿田興業―ノースアジア大】前半、猿田興業の土屋(左)がゴール前に攻め込む
【猿田興業―ノースアジア大】前半、猿田興業の土屋(左)がゴール前に攻め込む

 サッカーの天皇杯全日本選手権秋田県予選を兼ねた第31回県総合選手権(日本サッカー協会主催、秋田魁新報社など共催)最終日は28日、秋田市のスペースプロジェクト・ドリームフィールドで決勝を行い、猿田興業が2―0でノースアジア大を下し2年連続2度目の優勝を果たした。猿田興業は、5月22日に各地で開幕する天皇杯の出場権を獲得した。


猿田興業 2―0 ノースアジア大
    (1―0)
    (1―0)

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 686 文字 / 残り 489 文字)

秋田の最新ニュース