「20年間ご苦労さま」 華王錦の古里からねぎらいの声

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新十両昇進が決まり、記念撮影に応じる華王錦=2011年、東京・両国国技館
新十両昇進が決まり、記念撮影に応じる華王錦=2011年、東京・両国国技館

 日本相撲協会は大相撲春場所千秋楽の28日、元十両で東三段目75枚目、華王錦(42)=本名村田武志、秋田県美郷町出身、東関部屋=の現役引退を発表した。同日に引退届を提出し、受理された。

 華王錦の引退を受け、古里の美郷町からは20年の大相撲生活をねぎらう声が聞かれた。

 「地元の応援と周りの力士に支えられ続けてこられた」と振り返る父の村田忠雄さん(68)=金沢。長く大相撲界に身を置き「父親として誇らしい」と語った。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 541 文字 / 残り 334 文字)

秋田の最新ニュース