施設入所者は4月19日から 由利本荘市、ワクチン接種

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県由利本荘市は、新型コロナウイルスのワクチン接種を4月19日から一部の介護施設の入所者に先行実施する。このほかの65歳以上の高齢者には5月6日から開始する。26日に由利本荘医師会などと協議して決めた。

 市新型コロナウイルス接種推進室によると、ワクチンは1人2回の接種が必要。市にはワクチンが4月12日と26日の週に1箱(975回分)ずつ届く見込み。分量が限られ、接種できる人数も現時点では千人にとどまる。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 533 文字 / 残り 328 文字)

秋田の最新ニュース