雪の回廊、除雪作業進む 八幡平アスピーテライン【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県鹿角市と岩手県八幡平市を結ぶ観光道路「八幡平アスピーテライン」で除雪作業が進んでいる。閉鎖区間に積もった雪を大型重機で掘り進め、高さ5メートルを超す壁がそびえ立つ「雪の回廊」に。八幡平の観光シーズンの幕開けを告げる開通は、来月15日を予定している。

 冬季閉鎖区間は20・4キロ。このうち、秋田側の9・8キロについて、道路を管理する県鹿角地域振興局が今月4日から除雪を行い、29日に作業の様子を報道陣に公開した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 518 文字 / 残り 309 文字)

秋田の最新ニュース