知事選の最重要課題「人口減」 「行動力」重視、世論調査

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田魁新報社が実施した知事選(4月4日投開票)の電話世論調査で、次の知事に力を入れてほしい政策や課題として「人口減少・少子高齢化対策」を選んだ人が28・1%に上り、最も多かった。投票の際に重視する項目は「行動力」が35・1%で最多だった。



 政策や課題で2番目に多かったのは「産業振興・雇用」で21・9%。「新型コロナウイルス対策」は19・8%で3番目だった。以下は「医療・福祉」(14・1%)、「教育・子育て」(11・9%)と続いた。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1570 文字 / 残り 1352 文字)

秋田の最新ニュース