年度末の秋田市役所、混雑ピーク 「混む時間帯避けて」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
市役所1階では多くの人が順番を待っていた=29日午後2時20分ごろ
市役所1階では多くの人が順番を待っていた=29日午後2時20分ごろ

 秋田市役所は、住所変更や知事選、市長選などの期日前投票に訪れた人で混雑のピークを迎えている。この状況は4月上旬まで続く見通しで、市は昼近くなど混雑する時間帯を避けての来庁を市民に呼び掛けている。

 各種の窓口がある1階は29日午後1時半すぎ、座席の多くが訪れた市民で埋まり、職員が慌ただしく手続きを進めていた。

 市民課によると、今月中旬から転出・転入届の提出のため窓口が混雑し、手続き終了まで約2時間半かかったケースもあったという。

 市は今年から、窓口の混雑状況がリアルタイムで分かるサービスをホームページで開始。混雑予想日も公開している。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 642 文字 / 残り 372 文字)

秋田の最新ニュース