水ばしょう祭り、2年連続で中止 仙北市「桜まつり」縮小

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ミズバショウが咲き始めている29日の刺巻湿原。今年の「水ばしょう祭り」は中止が決まった=仙北市田沢湖
ミズバショウが咲き始めている29日の刺巻湿原。今年の「水ばしょう祭り」は中止が決まった=仙北市田沢湖

 秋田県仙北市は29日、春の観光キャンペーン「あきた花紀行」3行事のうち、田沢湖刺巻地区の「刺巻水ばしょう祭り」と西木町八津・鎌足地区の「かたくり群生の郷(さと)」の中止を発表した。新型コロナウイルス感染防止のため。残る「角館の桜まつり」は、規模縮小して4月20日~5月5日に開催する。

 市によると、中止となった2行事は、新規感染者が再び増加していることを踏まえて住民らによる主催団体が28日に判断した。両行事の中止は2年連続。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 558 文字 / 残り 344 文字)

秋田の最新ニュース