男子・秋田商A、女子・能代がV 魁星旗県高校剣道【動画】

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 2021魁星旗秋田県高校剣道大会(県剣道連盟、秋田魁新報社、県高体連主催)が30日、秋田市の県立武道館で行われ、男子は秋田商A、女子は能代が優勝した。


 合同チームを含め男子26、女子12チームが出場。男女とも対試合によるトーナメント戦で争われ、決勝で秋田商Aは秋田、能代は秋田西をいずれも2―1で下した。東北高校選抜を制した女子の秋田北は準決勝で秋田西に敗れた。

 今年の「魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会・魁星旗争奪全国高校女子剣道大会」が新型コロナウイルスの影響で来年に延期となったため、代わりに県内の高校で今大会を実施。全国高校選抜に出場した男子・秋田南、女子・秋田商は欠場した。

男子・秋田商A ライバル不在のV「うれしいというよりは、ほっとした」


 1―1で迎えた大将戦。高橋京太郎主将(2年)が気迫のこもったメンで1本勝ちし栄冠をもたらした。高橋は「うれしいというよりは、ほっとした」と安堵(あんど)の表情を見せた。

【男子決勝・秋田商A―秋田】メンを放つ秋田商Aの高橋

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1493 文字 / 残り 1082 文字)

秋田の最新ニュース