秋田市長選、県都の行方巡り論戦 現職は組織戦、2新人挑む

会員向け記事
お気に入りに登録

 4日投開票の秋田市長選は、現職に新人2人が挑む三つどもえの戦いとなっている。外旭川地区の開発構想や新型コロナウイルス対策が主な争点で、元市議の新人武内伸文氏(49)、現職の穂積志氏(63)、元県議の新人沼谷純氏(48)の3候補が論戦を繰り広げている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1048 文字 / 残り 922 文字)