勝大もペロリ、比内地鶏使用フード販売 無添加、廃棄部活用

会員向け記事
お気に入りに登録

 比内地鶏の食肉加工で活用されない頭を主原料としたペットフードが、秋田県大館市の健和食品物産によって開発され、1日から同市の観光交流施設「秋田犬の里」で売り出される。地元のブランドを余すことなく活用し、高い栄養価を生かした無添加の商品を実現した。

 商品名は「とっと とろとろ」。大館市産比内地鶏の頭をすりつぶし、北秋田市産赤キクイモを配合したペースト状のペットフード。常用食にかける補完食だが、そのままでも食べられる。比内地鶏は他の鶏に比べ、疲労回復や持久力向上に効果のある成分が多いとされ、赤キクイモは腸内環境を整えるという。

 1箱は100グラム2袋入りで660円(税込み)。当面は1800箱の限定販売。問い合わせは健和食品物産TEL0186・57・8844

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 656 文字 / 残り 326 文字)

秋田の最新ニュース