折りたたみ鏡使い撮影、最優秀賞に 能代の田森さん

会員向け記事
お気に入りに登録

 冬の秋田県大館市中心部をイルミネーションで彩った「第14回大館シャイニングストリート」の写真コンテストの入賞作品が決まった。市内外から26点の応募があり、最優秀賞には能代市の会社員田森公平さん(30)の「折りたたみ鏡に映るシャイニングストリート」が選ばれた。

 田森さんは左手に折りたたみ鏡を持って輝くケヤキ並木を上下対称に見えるよう映し、右手にカメラを持って撮影。アクセントに信号機など周辺の風景を入れた点が評価された。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 516 文字 / 残り 305 文字)

秋田の最新ニュース