角館町「食彩・町家館」リニューアル レトロな店内、土産充実

会員向け記事
お気に入りに登録

 昨年12月にメインの土産品店が閉店した秋田県仙北市角館町の「食彩・町家館」が、1日にリニューアルオープンする。秋田市の「秋田まるごと市場」が入居し、地元の特産品や県内各地の土産品、アンティーク雑貨などをそろえた新たな土産品店に生まれ変わった。

 改装のコンセプトは「大正ロマン」。樺(かば)細工などの伝統工芸品やいぶりがっこなどの加工品、県内各地の土産品が並ぶ。レトロ感を演出しようと、アンティーク雑貨も扱うほか、店舗入り口には駄菓子コーナーを設けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 624 文字 / 残り 398 文字)

秋田の最新ニュース