知事選1票当たりの経費700円 総額6億、期日前1・3億

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田市役所1階に設けられた期日前投票所。知事選の期日前投票所にかかる経費は全県で1億3千万円を超える
秋田市役所1階に設けられた期日前投票所。知事選の期日前投票所にかかる経費は全県で1億3千万円を超える

 4日投開票の秋田県知事選は終盤に差し掛かり、ますます熱を帯びてきた。期日前投票も県内各地で行われ、これらの経費には税金が使われる。県は知事選のために5億9千万円余りの予算を計上。あなたの1票には700円弱の税金が使われていることになる。

 知事選の経費は投開票作業などの選挙事務を担う市町村への交付金が大部分を占め、5億1113万円を計上している。県が使う残りの8182万円には啓発費や広告費などのほか、候補者の選挙運動用自動車「選挙カー」の使用料やビラの作成費、政見放送などの費用も含まれる。

 これらの経費を3月25日現在の選挙人名簿登録者数84万9510人で割ると、1人当たり約698円の税金が使われることになる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 889 文字 / 残り 580 文字)

秋田の最新ニュース