東海大相模が3度目の優勝 選抜高校野球大会最終日

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
第93回選抜高校野球大会で明豊を破り、10年ぶり3度目の優勝を果たし喜ぶ東海大相模ナイン=1日、甲子園球場
第93回選抜高校野球大会で明豊を破り、10年ぶり3度目の優勝を果たし喜ぶ東海大相模ナイン=1日、甲子園球場

 選抜高校野球大会最終日は1日、甲子園球場で決勝が行われ、東海大相模(神奈川)が明豊(大分)に3―2でサヨナラ勝ちし、2011年以来10年ぶり、3度目の優勝を果たした。

 東海大相模の3度の春制覇は歴代3位に並び、春夏合わせて5度の制覇は歴代6位タイとなった。神奈川県勢の7度の選抜優勝は歴代単独3位。大分県勢は1967年の津久見以来となる2度目の頂点に届かなかった。サヨナラ勝ちで優勝を手にしたのは、2016年の智弁学園(奈良)以来5年ぶり。

 東海大相模は2―2で迎えた九回1死満塁から小島の適時打で試合に終止符を打った。