渡辺おさむ・スイーツデコアートの世界(4)チョコのつや感、再現

お気に入りに登録

 彫刻家ロダンの「考える人」。この黒いブロンズ像を見た時、私は質感がチョコレートに似ているように感じました。そこで「考える人」をチョコレートにしてしまおうと思いついたんです。

「I’m thinking」(実際の展示とは異なることがあります)

 細かいパーツのつや出しには普段、ニスを使っています。この作品「I’m thinking」は、チョコレートのつや感を出すためにウレタンクリアスプレーを使って仕上げました。車をぴかぴかにするために使われているものです。他にもチョコレート味のマカロンやドーナツ、ロールケーキなどを飾ってみました。

 「考える人」は何を考えているのでしょう。甘いお菓子のことを考えているようにも見えますね。

 会場には、チョコレートをモチーフにした作品もたくさんあります。作品を見た後は、街にあるドアやれんが、自転車などいろんな茶色いものがチョコレートに見えるかもしれません。

展示会の詳細はこちら
渡辺おさむのスイーツデコアート お菓子の王国展|秋田魁新報電子版

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース