高卒就職内定率97・9% 2月末時点、県内就職の割合最多

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田労働局は1日、今春卒業者の2月末時点の就職内定率を発表した。県内新規高校卒業者は前年同期比0・6ポイント減の97・9%、県内新規大学等卒業者の内定率は前年同期より1・6ポイント減の95・0%だった。

 新規高卒者の内定者1781人のうち、県内就職内定者は1335人で75・0%を占めた。この割合は1988年度の統計開始以来、2月末時点としては最も高かった。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 567 文字 / 残り 387 文字)

秋田の最新ニュース