【知事選】4候補、県都で最後の訴え

会員向け記事
お気に入りに登録

山本候補(左上)、村岡候補(右上)、佐竹候補(左下)、相場候補(右下)


 秋田県知事選は、4日に投開票される。県美容生活衛生同業組合前理事長の新人山本久博候補(69)、元衆院議員の新人村岡敏英候補(60)、現職の佐竹敬久候補(73)、新日本婦人の会県本部前事務局長の新人相場未来子候補(50)の4人が立候補し、県政を継続するか刷新するかを最大の焦点に舌戦を展開。3日は4候補とも最大票田の秋田市内で遊説し、17日間に及んだ選挙戦を締めくくる。

秋田県知事選の特設コーナーはこちら

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 702 文字 / 残り 500 文字)

秋田の最新ニュース