アロマセラピー×ジュンサイ取り 農泊体験旅行いかが 三種町

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
アロマセラピーと早朝のジュンサイ摘み取りを組み入れた農泊体験プログラムを紹介する町農泊推進協議会のホームページ
アロマセラピーと早朝のジュンサイ摘み取りを組み入れた農泊体験プログラムを紹介する町農泊推進協議会のホームページ

 健康保養地(クアオルト)などの特色を生かした旅行商品開発を進めている三種町農泊推進協議会(戸嶋諭会長)は6月から、アロマセラピーと早朝のジュンサイ摘み取りを組み入れた1泊2日の農泊体験プログラムを始める。30~40代の女性や健康経営に関心のある企業をターゲットに、5月から予約を受け付ける。

 町内の温泉施設「ゆめろん」に宿泊し、自分好みのアロマオイルづくりや温泉入浴などで充実した睡眠を取ってもらった後、翌日朝にジュンサイの摘み取りを体験する内容。価格は1人税込み2万円。オプションとして釜谷浜の日没や星空観賞、秋田犬とのウオーキングなどを用意する。

 協議会事務局の一般社団法人「ヘルスケアデザイン秋田」が中心となり、協議会ホームページ(https://mitane-hda.jp/)内で予約を受け付ける。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 611 文字 / 残り 257 文字)

秋田の最新ニュース