時代を語る・駒場ハツヱ(6)舟こいでアサリ採り

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
小学2年の頃、夜店で父に買ってもらった洋皿
小学2年の頃、夜店で父に買ってもらった洋皿

 10代前半まで暮らした山口県防府市の向島地区は、その名の通り、島になっていて本土とは舟で行き来していました。ほんの短い距離ですけどね。

 たまに舟で、船頭のおじさんと私の二人っきりになると「私にもこがせて」と頼むんです。私は体格が良くてクラスで身長が1番か2番だったから、力には自信がありましてね。おじさんは懇切丁寧に教えてくれました。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 748 文字 / 残り 580 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース