バスケの街・能代で3×3 地域おこし協力隊員が大会企画

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
3人制バスケの会場となる能代市・柳町通りの能代バスケミュージアム周辺
3人制バスケの会場となる能代市・柳町通りの能代バスケミュージアム周辺

 「バスケの街・能代」をPRしようと、3人制バスケットボールの大会「3×3(スリー・エックス・スリー)フェスティバル」が5月2日、能代市柳町の能代バスケミュージアム前で開かれる。バスケを通じたまちづくりに取り組む市地域おこし協力隊の千勝数馬さん(32)ら有志が初めて企画した。

 バスケミュージアムがある柳町通りは、JR能代駅から能代工業高校にかけての通称バスケロード(約1・2キロ)内にある。例年はゴールデンウイークに合わせ、全国のバスケ強豪校が争う「能代カップ高校選抜バスケットボール大会」が市総合体育館で開かれるが、新型コロナウイルスの影響で昨年に続き今年も中止となった。千勝さんは「能代カップは中止になったが、この時季の能代ならではのバスケを楽しむ雰囲気をつくりたい」と話す。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 628 文字 / 残り 287 文字)

秋田の最新ニュース