自動受付機と精算機設置、市立秋田病院 コロナ感染拡大防止へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市立秋田総合病院(川元松丘町)は5日から、外来の再来患者用の自動受付機と自動精算機を設置する。職員と来院者の接触を減らし、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ狙い。

 いずれも1階受付近くに置く。自動受付機は3台で、予約済みの外来再来患者が対象。診察券を挿入するか、事前に配布された予約票のバーコードをかざして受付票を発行する。初診や人間ドックなどは、これまで通り窓口で受け付ける。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 454 文字 / 残り 262 文字)

秋田の最新ニュース