ニュースの「つぼ」:動きだした秋田市文化創造館

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
先月リニューアルオープンした秋田市文化創造館
先月リニューアルオープンした秋田市文化創造館

 空洞化が進む秋田市の中心市街地で、先月リニューアルオープンした秋田市文化創造館(旧県美、千秋明徳町)が、にぎわい創出という本来の役割を果たせるか注目されている。

 老朽化などを理由に一度閉館した旧県美に約11億円の公費を投入し、生まれ変わった。背景には、一体を「芸術文化ゾーン」として整備したいとの市の方針がある。隣接地では来年初夏、「あきた芸術劇場」の開館を控えており、思い描く圏域を生み出すには、施設としての独自性をいかに打ち出せるかが鍵となる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1166 文字 / 残り 941 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース