由利本荘市長選、湊氏が初当選 長谷部氏は4選逃す

会員向け記事
お気に入りに登録

 任期満了に伴う秋田県由利本荘市長選は、新人で元市議の湊貴信氏(55)が現職を4600票余りの差で破り、初当選を果たした。

 湊氏は「現職は情報発信が足りず、職員も顔色ばかりうかがっている」と市政刷新、閉塞(へいそく)感の打破を強調。徹底したコロナ対策、急速に進むIT化への対応などを訴えた。

 市議会で所属していた最大会派・高志会(11人)や自民党県議が支え、公明党県本部が支持。政治スタンスの異なる共産党、社民党の市議も応援に回る展開となり、年明けから各地でつじ立ちを重ね、幅広く浸透した。

 4選を目指した現職の長谷部誠氏(70)は、3期12年の実績と経験を前面に押し出し、地域の均衡ある発展、切れ目のないコロナ対策を訴えたが、勢いを欠いた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1013 文字 / 残り 692 文字)

秋田の最新ニュース