知事選、過去5番目の接戦 最接戦は第1回2・5ポイント差

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県知事選で4選を決めた佐竹敬久氏と次点の村岡敏英氏の得票率差は8・4ポイントで、歴代知事選の中で5番目の接戦となった。全県で票を積み上げた佐竹氏を、村岡氏が横手市などで追い上げた。

 無投票だった2013年を除く19回の知事選で、最も得票率の差が小さいのは1947年の第1回。官選知事だった蓮池公咲氏が鈴木清氏との一騎打ちを制し、2・5ポイント差で勝利した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 562 文字 / 残り 381 文字)

秋田の最新ニュース