「コロナ禍だから…」佐竹氏に投票? 目立つ消極的選択

有料会員向け記事
お気に入りに登録

 「秋田がよくなった感じはしないけどコロナ禍だから」。佐竹氏に票を投じた有権者に理由を聞くと、こんな消極的選択の声が少なくない。4期目を迎えるリーダーに注がれるのは、具体的な成果を求める県民の厳しい視線だ。

 高校卒業後に県内企業に就職し、県内で生活する秋田市桜の鈴木翔太さん(24)。大学進学などで県外に出た友人たちに地元に戻る意思があるか尋ねたことがあった。「秋田に魅力が感じられないから戻らない」。そんな答えがほとんどだったという。

 佐竹県政の12年を振り返り「代わり映えしない印象。若者が活躍しやすくなったかといえば、よくなるどころか悪化している」。それでも佐竹氏を選んだのは「コロナ対応の継続性を重視したから」。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 1440 文字 / 残り 1130 文字)

秋田の最新ニュース