【解説】知事選 足元の課題解決に全力を

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 現職の佐竹敬久氏の4選は、新型コロナウイルス禍の中で県政継続を求める民意が示された結果と言える。全国的な「第4波」が懸念される中、まずは県内での感染拡大防止に力を注ぐべきだ。

 秋田魁新報社が告示後の3月26~28日に実施した電話世論調査では、県のコロナ対策について「大いに評価する」と「ある程度評価する」と答えた人が8割を超えた。

 国内での流行から1年余りが経過する中、秋田は全国でも感染者が少ない地域となっており、高評価につながったとみられる。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 646 文字 / 残り 422 文字)

秋田の最新ニュース