能代科学技術高がスタート! 県内初、工業系と農業系が統合

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
校歌を歌う能代科学技術高の生徒
校歌を歌う能代科学技術高の生徒

 能代工業高校と能代西高校が統合して誕生した秋田県能代市の能代科学技術高校(荒川正明校長)で5日、始業式が行われ、在校生284人が新たな歴史のスタートを切った。

 県内で初めて工業系と農業系が統合した高校で、機械、電気、建設、生物資源、生活福祉科の5科で構成。能代市盤若町の旧能代工業高校敷地に立つ新校舎には、中央に実習棟、東側に教室・特別・管理棟を設けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 387 文字 / 残り 209 文字)

秋田の最新ニュース