「秋田の役に立ちたい」 JAL、ANAから県に7人着任

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
県に出向したJALとANAの社員ら
県に出向したJALとANAの社員ら

 秋田県は5日、日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)の女性社員7人の出向を受け入れた。7人は堀井啓一副知事と面会した後、それぞれ配属先の部署で業務を始め「秋田の役に立ちたい」などと意気込みを語った。期間は来年3月までの1年間を予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 521 文字 / 残り 403 文字)

秋田の最新ニュース