重点措置3府県、飲食見回り開始 感染の場は多様化、変異株優勢に

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「まん延防止等重点措置」の対象期間に入りJR大阪駅近くで飲食店などの状況を確認する「見回り隊」=5日午後
「まん延防止等重点措置」の対象期間に入りJR大阪駅近くで飲食店などの状況を確認する「見回り隊」=5日午後

 大阪、兵庫、宮城の3府県が5日、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の対象期間に入り、飲食店に対する午後8時までの時短営業要請が出た都市では自治体による見回りも始まった。飲食が起点の感染抑止を狙うが、感染の場は多様化し、関西では感染力が増したとされる変異株が優勢。新規感染を減少に転じさせられるかどうかは不透明だ。

 大阪市では5日夕に「見回り隊」の出発式が開かれ、隊員の府市職員40人と幹部らが出席した。府が感染対策ステッカーを発行した4万軒を回り、マスク会食の徹底、アクリル板や換気の目安を示す二酸化炭素センサーなどの設置状況を確認する。

全国の最新ニュース