秋田駅・オーパ裏のマンション、5月着工 23年完成予定

会員向け記事
お気に入りに登録

 再開発が進む秋田市のJR秋田駅西口で、マンション分譲のタカラレーベン東北(仙台市)が5月1日、マンション建設に着手する。完成予定は2023年3月末、販売の開始時期は未定としている。

秋田オーパ(右手前)裏にある「レーベン秋田駅前」(仮称)の建設予定地


 秋田オーパ裏の有料駐車場跡地に建設する「レーベン秋田駅前」(仮称)は、鉄筋コンクリート造りの地上15階建て(83戸)。敷地面積は約1500平方メートル、延べ床面積は約7千平方メートルとなる見込み。現時点で詳細な間取りは決まっていないものの、主にファミリー層の購入を想定しているという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 591 文字 / 残り 357 文字)

秋田の最新ニュース