時代を語る・駒場ハツヱ(9)10代半ば、美容師志す

有料会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
上村松園の代表作「序の舞」をイメージして染め上げた本振り袖。モデルは次女
上村松園の代表作「序の舞」をイメージして染め上げた本振り袖。モデルは次女

 戦後間もなく、私と父母は山口県防府市から秋田市新屋にある母の実家に移り、しばらくお世話になることにしました。

 父に厳しく育てられたからでしょうか、私はおませな子でした。山口にいた頃から母の読む婦人雑誌に興味がありました。特に皇室関係の記事が楽しみで、宮家のご令嬢らの服装の写真に目を奪われたんです。画家の岩田専太郎(故人)が表紙絵や挿絵として描く美人画も素晴らしかった。美人画でいえば上村松園(故人)の作品も品格があって好きでした。

※この記事は「有料会員向け記事」です。有料会員(新聞併読、電子版単独、ウェブコースM、ウェブコースL)への登録が必要です。
(全文 749 文字 / 残り 532 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース