草刈唄全国大会、歴史に幕 高齢化にコロナで…にかほ市

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
2019年に開かれた秋田草刈唄全国大会inにかほ。2年連続の中止と大会閉幕が決まった
2019年に開かれた秋田草刈唄全国大会inにかほ。2年連続の中止と大会閉幕が決まった

 秋田県にかほ市で毎年6月に開かれてきた「秋田草刈唄全国大会inにかほ」が、主催する実行委員会(佐々木勲委員長)の高齢化などを理由に、1996年から一昨年まで24回続いた歴史を終えることになった。

 実行委は市内の民謡団体と市教育委員会で組織。委員の多くが80代となり、大会運営に苦慮していたほか、歌い手や観客も減っていたという。先月中旬、今年の開催を実行委で協議し、コロナ下で県内外から人が集まる大会を実施するのは困難と判断。25回の節目を一区切りとしたい考えだったが、大会自体も終えることに決めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 563 文字 / 残り 313 文字)

秋田の最新ニュース