東北DC 知事「半分なくなったような感じ…」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
JR秋田駅構内に設置された東北DCをPRするタペストリー
JR秋田駅構内に設置された東北DCをPRするタペストリー

 東北6県やJRによる大型観光企画「東北デスティネーションキャンペーン(DC)」について、秋田県の佐竹敬久知事は6日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が収まっておらず、県外からの誘客が難しいとして、当面は県民による県内観光を促す考えを示した。

 県は首都圏や宮城、山形両県などで感染者が増えていることを踏まえ、積極的なPR活動を見合わせている。佐竹知事は東北DCに関し、「まずは(県民による)県内流動を促す」との考えを示し、現状を踏まえれば「(DCが)半分なくなったような感じではないか」と述べた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 636 文字 / 残り 384 文字)

秋田の最新ニュース