県内桜祭り今年も中止、縮小 感染者増え警戒感高まる

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田地方気象台が観測史上最も早く開花を発表した今年の桜。3月の平均気温が高かった影響で早くも各地で見頃を迎えつつある中、秋田県内の主な桜祭りは、今年も新型コロナウイルスの影響で軒並み中止か縮小を余儀なくされている。

 3月26日、秋田市の秋田観光コンベンション協会は、今月開催予定だった「千秋公園桜まつり」の中止を発表した。

 例年であれば約80の露店が並び、ダンスや民謡などのステージイベントを開催。広場には所狭しと花見客が陣取って宴会を開く県内有数のイベントだ。それが、昨年に続く中止となった。一昨年は26万人超が訪れた

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1444 文字 / 残り 1183 文字)

秋田の最新ニュース