ごみ収集車から火…ヒヤリ 大仙市と美郷町、損害やけがなし

お気に入りに登録

 秋田県大仙市と美郷町で7日、収集車が回収した不燃ごみからの出火が相次いだ。いずれも車に損害はなく、けが人はいなかった。

 大仙市協和荒川では午前8時50分ごろ、収集車の後方から火と煙が出ているのを男性作業員2人が発見。車内で燃えたごみを道路に出し、通報を受けた消防が消火した。

 美郷町六郷では午前9時10分ごろ、収集車の中のごみ袋から煙が出ているのを男性作業員が発見。町役場を通して消防に通報し、約1時間25分後に鎮火した。

 大仙署によると、いずれのごみにもスプレー缶やガス缶が含まれていた。両市町ともスプレー缶は発火するおそれがあるとして、ガスを使い切った上で不燃ごみでなく資源ごみに分別するよう定めている。

秋田の最新ニュース